主要生産商

旭化成ファインケム株式会社

旭化成ファインケム株式会社は、アクリル繊維の染色助剤であるメタリルスルホン酸ナトリウムの製造会社として、1960年に日精化学工業としてスタートしました。その後、スルホン酸モノマーを始めとする各種製品の製造販売と受託製造、またファインケミカル分野での多種多彩な商品開発により成長し、2000年に旭化成ファインケムと改称致しました。
当社でこれまで培ってきた特徴のある合成技術力、生産技術力を基盤として、ファインケミカル分野に加え、医薬(API)・医療材料事業、電子材料分野を重点成長領域として、新たな目標に向かって邁進する所存であります。

web site>>

株式会社ダイセル

株式会社ダイセルはセルロース化学、有機合成化学、高分子化学、火薬工学をコア技術に事業領域を拡大してきましたが、近年、自動車エアバッグ用インフレータに代表される組立加工型事業がコア事業に成長するなど事業の領域が化学工業の枠にとどまらなくなっています。
これからも化学をベースにした独自の技術・ノウハウで「化学工業」の枠を超えて発展していくことをめざします。

web site>>

日油株式会社

日油株式会社は、バイオから宇宙まで幅広い分野で新しい価値を創造し、人と社会に貢献するを経営理念とし、独創性のある製品を多面的に展開しております。
日油グループの事業は、機能化学品事業、ライフサイエンス事業、化薬事業およびその他の事業の4セグメントに大別され、当社の各事業、事業セグメント別主要製品および連結子会社の対応関係を示しております。

web site>>

日本エマルジョン株式会社

日本エマルジョン日本エマルジョン株式会社は、1950年の創業以来、60年以上にわたり界面活性剤の研究と製造に従事し、特に非イオン系界面活性剤の優れた特性にいち早く着目してこれに重点をおいて研究、開発、及び製造を続けて参りました。
現在、界面活性剤の利用分野は多方面に亘り、当社製品の主要用途である化粧品等の原料としての利用をはじめ、感光材料、印刷用インクへの配合、その他、助剤、処理剤として様々な分野での製造工程の簡略化、新しい機能、製品形態の実現に利用されております。

web site>>

新日本理化学株式会社

新日本理化株式会社はオレオケミカルの総合メーカーとして、天然の植物油・動物油を主原料に高圧還元及び選択水素化技術を駆使した高機能製品を豊富に取り揃え、工業用原料からパーソナルケア製品にいたるまで幅広く社会に製品を提供しています。

web site>>

株式会社JC

株式会社JCは、前身のJC皮膚科学研究所より研究機関からメーカーへとポジショ二ングを移し、新製品の開発と、各化粧品メーカーや新規参入企業様へ向けた革新的な化粧品原料を提供させていただきます。
弊社化粧品原料を用いた化粧品の生成・製品開発なども行っております。

web site>>